トップページへ

旅行1日目
2009.12.17

京鼎樓の小籠包と足つぼマッサージ

旅行では現地の人と話すのが僕は楽しい。今回の台湾旅行でも、誰か現地の人にガイドしてもらおうと思って、台湾の友達を探した。
そしたら、会社の友達の友達のお姉ちゃんが台湾に住んでいるということで、メアドを教えてもらって連絡をした。メアドを知ったのは、出発の前々日。

実はもう1人現地の人を知ってる友達とコンタクトを取っていたのだが、現地の人がオヤジ3人が来るということを知って、テンション下がって腰が重くなったらしい。まあ、確かにそんなもんかもしれん。いきなり全然知らないオヤジ3人がやってくると聞いたらビックリするだろう。

ということで、親切な台湾の人へ成田空港でお土産を買った。名前はArial、28歳の女性。会ったことないArialへのお土産は悩んだ結果、以下になりましたが、よかったのかどうかは謎です。

台湾へのお土産

旅行はIACEトラベルの格安ツアー

台湾へはツアーで行った。IACEトラベルのツアーはかなり安い。今回は、3泊4日で17800円の格安ツアー。空港使用料や燃油サーチャージなどをもろもろ含めて24540円。12月17日の14:25に成田を出て、12月20日の18:15に帰ってくる。
(最近サイトを見たら、3泊4日が9800円だった。激安)
台湾格安ツアーはかなり安い!

チャイナエアライン

航空会社はChina Airline。

台北の柿マン

台北に到着すると空港にはなぜか柿マンが!(勝手に名づけました)

飛行機が1時間以上遅れたので、空港に着いたらツアーガイドの台湾のおっさんがChina Airlineは最悪だ。と叫んでいた。待っててイライラしたのでしょう。

飛行機は約3時間で、時差は1時間。台北に到着すると20時ぐらいだった。あったかいと思っていたら、雨で寒い。ツアーは10人ぐらい。他の人を待つ間、1万円だけ両替した。

台湾の通貨は台湾ドル(TWD)。街では元と書かれている。1台湾ドルはだいたい3円ぐらい。だから、1万円を両替すると、3300元ぐらいだ。両替後、ツアー会社にホテルまで送迎してもらう。

ホテルに向かうバスの中

格安ツアーによくあるのが買い物ツアー。今回のツアーにもある。台北に到着して渡された日程表を見ると、最終日は早めにピックアップされて、おみやげ売り場に監禁されることになっていた。格安ツアーは儲からないので、こうやって、おみやげ場所と提携することで成り立たせている。以前、インバウントセミナーで聞いたんだけど、ツアーはこの買い物のバックマージンが一番の収益だそうだ。サイトに広告を掲載して収益を得るようなものだ。人が集まればビジネスになる。

で、僕らはもちろんその買い物ツアーをキャンセル。友達と会うので空港には直接いきます。心配無用です。というと、ガイドのオッサンは非常に残念そうでした。
しかし、中国ではこうはいかない。同じことを上海でやったとき、ガイドの人は激怒して、

あなたを認めません!

と5回ぐらい言われました。笑

さっそく、中国と台湾の違いを感じた瞬間でした。

台湾の街中にはバイクが多い

街中はバイクが多い。街の風景を眺めていたら、1時間ぐらいで、バスがホテルに到着。

ホテルは山水閣大飯店(サンスイ)

山水閣大飯店ホテルは、立地がよくてフロントも親切でよかったです。地下鉄(MRT)最寄駅は、民権西路。
キレイなホテルではないのでキレイ好きには厳しい。部屋の電話が繋がらなかったり、シャワーが熱湯しか出なかったりしました。フロントに言ったら直ったので、僕ら的には問題なし。格安ホテルなのでOK。

山水閣大飯店(サンスイ)

チェックイン直後の様子は以下。

チェックイン直後

その後、お腹がすいたのでご飯を食べる店を探す。その前に、到着したことをArialに電話しないといけない。部屋から電話するが、ずっとツーっていってて繋がらないので、フロントに行く。電話したいと言ったら、近くのセブンイレブンの前に公衆電話があるというから行ってみた。

セブンイレブンを見つけて、かけてみるが全く繋がらない。なんだ、どうなっているんだ!通りすがりの人がその電話は国際電話は繋がらんよ。とか親切に教えてくれるが、国際電話ではない!
よく分からんまま、10m横の別の公衆電話でトライ。そしたら電話が繋がった!単に電話の故障かよ。ま、結果オーライ。

会った事もない人に電話するのは最初は緊張するぜ。

Arialはすぐに電話にでてくれた。英語と日本語を混在させながら、状況を報告。事前のメールでは明日金曜日にガイドをしてもらう予定だったので、明日の待ち合わせ時間を決めるつもりだった。

しかし、

電話の向こうから質問攻めだ。今はどこだ?チェックインしたのか?ホテルの電話番号は?君たちは台北で何がしたいのか?などなど。

チェックインしたことを伝え、電話番号と部屋番号を伝える。そしたらかけなおすから戻ってくれとのこと。ま、いいや、とりあえず部屋に戻る。お腹ペコペコな2人は、なんでホテルに戻るのさ?って言うてるが、戻るのです。

そして戻ってまた電話。何がしたいのかと言われたので、特にプランがないが、いろんな人と話したいと伝える。何のために?と質問が続く。

あげく、何がしたいか本当に分からないから、今から行きます。と言われて本日合流することに。時間は21時30ぐらいだったんちゃうかな。

ホテルで合流!

Arialとご対面!来てくれて、本当にありがとうございます!我々はあなたの妹さんにも会ったことはないです。今日は木曜日。そう平日なので、仕事のはずです。なのに、わざわざ来てくれて本当に感謝です。

合流早々、腹ペコな俺たちはショウロンポウのお店にタクシーを飛ばす。有名な鼎泰豐はもう終わってるので、京鼎樓(ジンディンロウ)というお店に行く。もちろん、Arialはもう食べ終わっている。

小籠包の京鼎樓到着!

お店に到着して注文が終わると、またまた旅の目的を問われる。でも、本当にノープランなのです。忙しくて何も調べてなかったし、旅の本は空港のATM横に忘れてきてるのです。なので何も情報がないのです。美味いものを食べて、いろいろお話できれば満足なのです。「適当に」、とか「とりあえず」、な感じが伝わらない。

初対面なので自己紹介

Arialの仕事を聞くと、彼女はプロジェクトマネージャーで、SE的なことをしているらしい。そういうのを突っ込んで聞いてしまう僕はあれやこれや質問ばかり。

うむ、なんか凄そうだ。キャリアウーマンな雰囲気。

ほんで、僕らも自己紹介。僕ら3人は同じプロジェクトをやったメンバー。プロジェクトマネージャーとIAとデザイナー。

ここで、IAはTAKAだが、ここだけやっぱり伝わらない。アーキテクト?なんだその仕事は、という感じ。ワイヤーフレームを書いてます、なんて言うから更に話がややこしくなる。そりゃ、日本でもIAの職種がない会社には説明するのは難しいもんね。なので、彼は仕事してないことにして終了。

その後、またまた台湾で何が話がしたいのかを聞かれる。文化とか歴史とか知りたいというと、歴史の先生は知り合いにいないと言われる。いや、もっと軽い感じでいいんです。たぶん台湾の人はえらく真面目なのだ。いや、僕らがノープランすぎるのか。

そんなこんなで話してると、1人の日本人女性に話かけられる。

一緒にいる台湾の方に話を聞いてもいいですか?

1人旅の彼女は、小籠包を頼んだら、1つに20個ぐらい入ってるから、盛り合わせみたいなものはないのか現地の人に聞きたいのだそうだ。確かに1人で20個食べたら飽きる。彼女の名はchiekoさん。関西の大学で働いている。インドの帰国子女なので、英語はペラペラで社交的だ。僕の関西弁が聞こえてきて話かけてきたそうだ。

小籠包の京鼎樓店内

気づいたら、Arialとchiekoさんが具体的な旅のプランで盛り上がり、僕らは傍観者でした。うむ。

京鼎樓(ジンディンロウ)の小籠包

スープにつけて食べる小籠包はなかなかうまかったか、話に集中するあまり、あまり味わうことができなかった。

そしてここで、明日はArialは会うことはできないことを知る。最初はもう疲れちゃったのかなと思ったけど、土曜日は会えるそうだ。ということで明日はフリータイム。明後日の朝10時にホテル集合を約束して解散。0時ぐらい。

京鼎樓

今日は平日なのに、Arial遅くまで本当にありがとう!

解散後、さっき知り合ったchiekoさんがマッサージに行くというので、他人に流される僕らも一緒に行くことにする。ショウロンポウの店の付近にはマッサージ屋さんが多かったが、雨が降ってたので、近くの店に適当に入った。

足つぼマッサージを堪能

足つぼマッサージの様子はこちら。

マッサージ後、1時過ぎに解散。

台北夜の街並み

ホテルに戻って収録して寝ました。3時ごろかな。初日にしては、忙しかった。おやすみ

台湾旅行記をラジオ放送

Flashが表示できません。

旅行1日目

台湾旅行準備

台湾旅行2日目

トップページへ