トップページへ

旅行4日目
2009.12.20

台湾から日本へ、旅行から現実への帰国

暖房がない台北は寒い。でも爆睡

台湾旅行の最終日。飛行機は14時。12時ぐらいに空港に着くために、11時ぐらいにはここを出たい。バスは30分に1本ぐらい出ているようなので、10時に出たら余裕。朝起きて、ダラっとして、僕はまた似顔絵を描いたりしてた。描いても描いてもフィードバックは来るのだ。

ホテルの朝食は7時30から9時30まで。そこでダラダラしてると日本人同士が情報交換してる。私のツアーはいくらだ、とか。台中はどうだったとか。マンションを買おうと思ったが結構高いだ、とかね。僕らのツアーは安かったけど、5万円ぐらいのツアーの人もいた。同じホテルなのに何が違うんやろね。台北のマンションは確かに高い。こっちの人に聞くと、お金がない人たちはシェアしてる。ロンドンとかもそうだった。物価の高いところはそうなる。

台北の不動産屋

台北でマンション購入はだいたい3000万以上。

あと、昨日台湾人の結婚式に参加した人が言ってたけど、中国で「乾杯!」と言うと、だいたい一気飲みになるのだが、台湾ではそうではなかったと言ってた。無理せず、それぞれ自分のペースでOK。飲めない人は、乾杯だけして、コップを置いても全然よいらしい。

ダラダラ話しして、朝ごはんを食べて、部屋に戻ったら、みんな寝てるので起こして、10時ぐらいに出発。即効バスが来て乗り込んだら、あっさり空港に到着。12時前だった。小さい空港ですることがない。今回Arialを紹介してくれたMrにカップラーメンをお土産に買ってチェックイン。

台北空港でおかゆ

空港で食べたお粥。めちゃくちゃ美味かった。屋台ばっかりだったから、やっぱ違うね。

帰りの飛行機のChina Airlineではそれぞれの席の前にモニタがあった。行きの飛行機はなかったので、映画が見れなかったのだ。

今回はモニタがあるので、横のTAKAが早速映画を見始めた。飛行機で映画を見るのが大好きのようだ。

しかし、なにか不機嫌な様子。なんと、映画を再生しても、ヘッドフォンからはキュルキュルとした音しか聞こえてこないようだ。僕のヘッドフォンと交換してみたが、今度は音が出ない。どうやら、ヘッドフォンの問題ではないようだ。

なので、TAKAがスチュワーデスにクレーム。しかし、日本語が分からない。ジェスチャーでやり取りしてると、おお、ヘッドフォンを交換するぜ、みたいなポーズをして、新しいのを持ってきた。

いや、そうじゃないんだろうなあ。と思いつつ、TAKAはヘッドフォンを交換。やっぱり聞こえないから、またスチュワーデスを呼ぶ。なんか面倒な様子。違う人が来て、あなたの席を一度リセットするから、その後にもう一度トライしてくれ。と言われる。これはもしかして、リセットしても直らなかったら、ファーストクラスに昇格なんてこともあるのでは、と僕は横で期待していた。そしたら、僕も友人ですと言って一緒に移動しよう。

しばらくすると、僕の席のモニタが再起動した。TAKAの席には変化なし。笑ってしまった。TAKAは飽きれてしまって、またスチュワーデスを呼ぶがお手上げの様子。それ以上はプッシュしなかったようで、移動もなし。

China Airlineってこんな感じ?

どうでもいいやり取りしてたら、日本に戻ってきました。

今回の旅行は観光をほとんどしてない。ご飯にもそんなにお金を使っていない。ただ、いろんな人と話しただけ。それが楽しかった。みんなが親切だから成り立った。天気は悪く、寒かったが、それ以上に人の温かさを感じた。だから、この旅を「台湾他力旅行記」と名づけた。

今日は日曜日、明日から仕事だ。

おわり


1年後、他力組は再び台湾に!
台湾他力旅行記2に続く


台湾旅行記をラジオ放送

Flashが表示できません。

旅行4日目

台湾旅行3日目

トップページへ